ハッカが作られなくなった理由は?

大きく2つあります。ひとつは、合成ハッカの開発です。
石油からハッカの成分である”メントール”を安く作ることができるようになり、現在では8割以上が合成ハッカで占められています。
もうひとつは、コスト高です。コストの安い国でハッカが栽培され、日本産天然ハッカがたちうちできなくなりました。
現在の主要産地は、中国・インドです。